【超便利】Elementorのテンプレート機能を使用してページを作ろう!

2021.12.13
ハック集

あなたは、Elementorでより効率よく本格的なページを作れることを知っていますか?

今回ご紹介する Elementor のテンプレート機能を使用すれば、ページ作成がより簡単にすることが出来ます。

今回の記事ではそんな Elementor のテンプレート機能について

  • そもそも Elementor のテンプレート機能とは何か
  • テンプレート機能の使用方法
  • Elementor ProとElementor のテンプレート機能の違い

について詳しく解説していきます。

ぜひ最後までご覧ください!

そもそも Elementor のテンプレート機能とは何か?

Elementor
画像引用元:https://elementor.com/

Elementor のテンプレート機能は、無料版である Elementor と有料版である Elementor Proの両方に付随している機能となっております。

Elementor のテンプレート機能を使用すれば、中身の文章や画像を変更するだけで、簡単に本格的なページを作成することが出来ます。

またWordPressのテーマと違い、あくまでノーコードプラグインである Elementor なので、テンプレートをもとに、自分のオリジナルのページをリデザインすることが可能です!

Elementor のテンプレート機能の使用方法は?

ここでは、 Elementor のテンプレート機能の使用方法いついてご説明していきます。

まずは、テンプレート機能を使用するためには、まずWordPressのテーマのヘッダーとフッターを無効化しなくてはなりません。

Elementor の編集画面を開き、画面の一番左下の機能アイコンをクリックし、設定画面を開きます。

一般設定→ページレイアウトの設定を「Elementor キャンバス」に設定します。

そうすることで、ヘッダーとフッターがない真っ白な編集画面が表示されます。

次にセクションを追加する部分にある灰色のアイコンをクリックします。

上記のようなぺージのテンプレートの一覧が表示されます。

その中で一つクリックすることによって、デザインデモを見ることが出来ます。

お気に入りのテンプレートを見つけたら、右上の挿入するボタンをクリックします。

これでテンプレートが反映されます。またこのテンプレートは先ほども記載した通り好きに Elementor で編集することが出来ます。

テンプレート保存することが出来る

ここまで、 Elementor のテンプレート機能についてご説明してきました。

このElementorのテンプレート機能は自分で作成したページのセクションをテンプレートとして保存することが出来ます。

方法としては、

➀使用したいセクション部分の真ん中の六つの点を右クリックします。

➁下から三つ目である「テンプレートとして保存」の項目をクリックします。

➂中央の記入する部分にテンプレートの名前を保存します。

④制作したいページに飛び、使用したい箇所い新しいセクションを追加します。

➄後は先ほどと同じ方法でテンプレートの選択画面を開き、テンプレートの欄を開きます。

➅➂で保存したテンプレートを選択して挿入すると、表示されます。

このような形で自分で編集したテンプレートを使用することが出来ます。

Elementor ProとElementor のテンプレート機能の違い

ここまでは Elementor の無料版でも使用できる テンプレート機能のご説明をしていきました。

有料版である Elementor Proを使用するとさらにテンプレート機能の幅が広がります。

なぜなら、有料版であるElementor Proは無料版のElementorが「ページビルダー」なのに対して、「テーマビルダー」だからです。

要するに、ページ内のテンプレートではなく、サイト全体としてのテンプレートを作成することが出来ます。

テンプレート機能としての違いは具体的には、以下の二点が異なります。

テンプレートの数

テンプレートは、使用することによってより簡単に本格的なサイトを作成することが出来る機能と

なっております。

無料版の Elementorはテンプレート数(ページとブロック)が100のところ有料版の Elementor Pro は300以上使用することが出来ます。

テーマビルダー

テーマビルダーという機能は、簡単に言うとWordpressのテーマを作成する機能です。

具体的には以下のページのテンプレートを作成することが出来ます。

  • ヘッダー
  • フッター
  • ブログ
  • アーカイブページ
  • 404ページ

特にヘッダーやフッターなどは、テーマをもとに作成するとデザイン・機能にこだわることが出来ません。

その点、テーマビルダーを使用することによってヘッダーやフッターのデザインをこだわることが出来るのは最大の魅力とあっております。

まとめ

今回の記事では、 Elementorのテンプレート機能についてご紹介していきました。

ページをより魅力的に効率よく作るために Elementorのテンプレート機能は大変便利です。

ぜひ使用してみてはいかがでしょうか?

プロフィール

ノーコード歴5年のフリーランス

初めまして!ノーコード歴5年のフリーランスです! Elmentorをこよなく愛するものです。 コミュニティも運営していますのでぜひご参加ください!

アクセスランキング

  • 2021.09.26

    Elementorで日本語フォントを使う3つの方法をご紹介します!【フォントでもう悩まない】

  • 2021.12.13

    Elementorで起こる403エラーとは?解決策教えます!

  • 2021.08.28

    Elementorでスマホへのレスポンシブ対応の設定方法

  • PAGE TOP